E-A-D-G-B-E

   
せ、せ、せ、千円…?
私は数本のギターを持っているが、いまのイチバンの愛器はSUZUKI F-300。弦の張り替えを怠っていることもあり、ほかのギターは弾く機会がほとんどない。弾かないのではギターが可哀想だし、どなたか可愛がっていただける方がいるのなら…ということで、整理をしようかと最近思っているのだが。ブログなので具体的な機種名は公開できないけれど、とあるギターを2軒の楽器買取店で査定していただいたところ、査定額はいずれも3万円〜3万5千円ほど。いまは生産されていない某一流メーカーの希少なギターで、もしオークションに出せば落札額はおそらく6万円前後だろうか。ただ、買取店へ持ち込むのも荷造り発送するのもオークションに出品するのも手間が面倒だな…と思っていたところへ、たまたま某リサイクルショップから「何か買い取れる物はないか」との営業電話。お、これはタイムリー!とばかり「楽器もOKか?得意分野か?」と問うと「それぞれの分野のスペシャリストがいるので大丈夫です」との答え。ならばとさっそく出張査定を依頼した。約束の時間より遅れること約1時間。査定員がやってきて、ギターを見るなり「フォークギターですね」って。おいおい、フォークギターじゃないし。「あ、アンプに繋ぐこともできるんですね」って…素人か。「このケースもいっしょですか?」…って当然だろが。せめて“ハードケース”って呼んで欲しいし。で、それから「ちょっと待ってくださいね。いま査定額を調べますから」とスマホを取り出し、しばし検索。そして、その答えは…大真面目に「えーっと、よくわからないギターですね。ジャンク品ということで千円ではいかがでしょう?」。。。私は目が点。たとえもし仮にギターがジャンク品だとしても、中古ハードケースだけだって数千円では売れるぜ。「はい、わかりました。では千円で」…って私が売るわけないだろ!そんな楽器の価値さえわからぬところへ。「ところでおたく楽器に関して得意なのでは?」と問うと「いちおう扱ってはいますけど、貴金属が専門でして…」って。おいおい最初から話がまったく違うではないか。とんだ時間の無駄遣いであった。

拍手[2回]

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
PROFILE
HN:
久村孝治
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/03/02
職業:
広告制作会社 代表取締役
趣味:
ギター、ラジコンヨット、仕事
自己紹介:
30歳にて広告代理店を退社し独立。以降、四半世紀余り広告制作会社を営む。モットーは、仕事も遊びも楽しくマジメに!
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
SEARCH IN THIS BLOG
RSS LINK
HISAMURA'S SNS
QR CODE
E-A-D-G-B-E COUNTER
Copyright ©  -- えあでげべえ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS /  /