E-A-D-G-B-E

   
ついにピックアップ装着〜♪
今日の昼過ぎに発注してあったドリルビットが届いたので、いても立ってもたまらず仕事そっちのけで、さっそくピックアップの取り付けを始めてしまった。

まず愛器NT-203を手術台に寝かせる。布団は愛猫の“こま”の物を無断借用。

そして洋服を脱がす。つまり弦を外す。麻酔はかけない。

次はエンドピンの取り外し。このギターのエンドピンはネジ込みじゃなくてハメ込み式なのだが、固くて、いくら引っ張っても抜けないので電気ドリルで破壊した。

ギターがキズつかないように、マスキングテープで養生する。てか、エンドピンを壊す前に養生しとけば良かった。うっかりドリルの刃をギターに当てて、小さなキズをつけちまった。

これが今日届いたドリルビット。だが、これ。切れ味が最悪で、さんざん泣かされるハメに。さっすが3本セットで送料込650円の超安物。量販店へ行くと1本600円〜1,000円くらいでちゃんとしたビットが売られているので、皆さんにはこちらをお薦めしたい。

もう30年以上、私が使い続けている年季物の電気ドリル。リーマーを紛失したので今回はドリルビットで穴開けすることにしたのだが、結果としてこれが正解だった。と言うのは、サイドボードが予想外に厚く20mm以上あったので、リーマーではおそらくとてつもなく大変な作業になっていたに違いない。

ようやく穴開け完了。


再び養生をし直して、穴をヤスリでキレイに仕上げる。ここで役立つのが、丸い割り箸に紙ヤスリを巻いた久村式ヤスリ棒。手の入らない穴の後ろ側もこれでヤスリ掛けもバッチリ。

これが、今回取り付けるピックアップ。L.R.BAGGS iBEAM active。

説明書はすべて英語。何を書いてあるのかサッパリわからない。

とりあえず、ピックアップをサドルの真下に取り付けるためのジグを組み立てる。

位置を決め、ピックアップをジグに仮止め。

ピックアップを取り付ける部分(サドルの真下)を紙ヤスリで磨いてから、ジグを利用して両面テープでしっかり貼り付ける。

エンドピンの穴から針金をボディの中に送り込み、サウンドホールから取り出して、エンドピンジャックの穴に引っ掛けて固定。

エンドピン側から針金を引っ張って、ジャックを引き出す。ジャックの頭がちょうど良い高さになるように、ナットを回して高さを微調整をする。言うまでもないけど、カバーを付けたときにジャックが少〜しだけ頭を出すようにね。

高さが決まったらナットを締めて、カバーを取り付けて、エンドピンジャックの取り付けは完了。ここまで来ればピックアップの取り付けは、もう90%以上できたようなもの。


あとは、バッテリーバッグとボリュームSWを任意の場所に両面テープで貼り、コードを止めれば終わり。ふ〜。こりゃ楽しいけど、大変な作業だなあ。自分のギターだから思い切ってできるけど、他の人のギターだったらこうはいかない。かなり神経も使うしね。これを職業としている人の苦労をあらてめて思った次第。あ〜疲れた。

拍手[2回]

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
PROFILE
HN:
久村孝治
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/03/02
職業:
広告制作会社 代表取締役
趣味:
ギター、ラジコンヨット、仕事
自己紹介:
30歳にて広告代理店を退社し独立。以降、四半世紀余り広告制作会社を営む。モットーは、仕事も遊びも楽しくマジメに!
CALENDAR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
SEARCH IN THIS BLOG
RSS LINK
HISAMURA'S SNS
QR CODE
E-A-D-G-B-E COUNTER
Copyright ©  -- えあでげべえ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS /  /