E-A-D-G-B-E

   
ついていたのか、いなかったのか
今日は某新施設のパンフレット撮影。金土の天気予報がすぐれていなかったので、今日に延ばしたんだけど大正解。快晴で、遠景には富士山もくっきり。そこまでは良かったが、いざ施設の全景写真を撮ろうとしたら、これが超たいへん。向かいの小山に登って撮ったんだけど、山道があるわけじゃなく、60°以上もあろうとかと思われる崖を木の蔓をつたってエンヤコラ。20歳のときに北八ヶ岳のいくつかの山を制覇したしたけれど、これほどキツイ勾配はさほどなかったように思う。登ったら登ったで、その後がまたたいへん。撮影ポイントまで移動するために、剛情な枝たちをかき分けかき分け。一歩踏み間違えれば崖下に転落…そんな恐怖と闘いながら。そう。じつは私は子供の頃から高所恐怖症で、高いところがとても苦手。幼い頃、近所のお寺の山に登って遊び、夕方になっていざ帰ろうと崖下を見た途端、急に恐ろしくなって降りれなくなった…という苦い経験が。そのときは勇気を振り絞ってなんとか降りたけれど、それ以降、高い場所が大嫌いになった。そして今日もまた。山を降りる段になって、そんな子供の頃の記憶が蘇り…とにかく下を見ないように心がけて必死の思いで降りたんだけど、じつは心の中では大泣きしていた。そんなこんなで第一関門はなんとか通過したんだけど、今度は、撮影に邪魔なウマを移動しているときに指に激痛が。そう。ウマの可動式の脚に右手の人差し指を思いっきり挟んじまった。これも泣きたいほど痛かったけれど、大のオトナが泣きべそをかくのもみっともないのでグッと我慢。幸先の悪い撮影のスタートであったが、その後は順調に撮影が進み、なんとかスケジュール通り日没までに撮影を終えることができた。ドキドキやズキズキなど恐怖や痛みを伴う撮影だったが、天気にも恵まれ、終わってみれば万事OK.。ちなみに右手の人差し指は、いまだに痛みが残っているものの、だいぶ和らいでギターを弾くのにもさほど支障はなさそう。う〜ん、はたして今日はついていたのか、いなかったのか。妙に興奮冷めやらぬ宵である。

拍手[0回]

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
PROFILE
HN:
久村孝治
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/03/02
職業:
広告制作会社 代表取締役
趣味:
ギター、ラジコンヨット、仕事
自己紹介:
30歳にて広告代理店を退社し独立。以降、四半世紀余り広告制作会社を営む。モットーは、仕事も遊びも楽しくマジメに!
CALENDAR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
SEARCH IN THIS BLOG
RSS LINK
HISAMURA'S SNS
QR CODE
E-A-D-G-B-E COUNTER
Copyright ©  -- えあでげべえ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS /  /