E-A-D-G-B-E

   
感謝する心のこと
ちょっと長文で失礼。今日は日頃、私が思っていることをひとつ書こうと思う。飲食店で食事をし退店する際に、ほとんどの方は「ごちそうさまでした」と言われるであろう。でも小売店で買い物をした後「ありがとうございます」と言われる方は、もしかしたら稀かもしれない。私はそんな少数派のひとり。必ずしもいつもではないが、状況により、しばしばそう言って感謝の気持ちを伝えることがある。理由は、そこにお店があって商品を提供してくれるから私たちは商品を手にすることができるから。お店はお客様に満足していただこうと経営者も従業員も日々努力している。だから私たち消費者は、その恩恵を被ることができるのだ。私たちが物を買えるのは、銭があるからじゃない。たとえ銭があっても、商品を提供してくれるお店がなければ手にできないのである。これは私たち役務提供の仕事も同じ。“仕事を出してやってる”的な仕事の依頼は基本的に断る。と言っても、実際にあからさまに断るのはできないので、さりげに、だけど。ま、もっとも私が業とするデザイン制作の仕事は、互いに助け合って“より良い物をつくる”協調の気持ちがなくてはなりたたないので、高圧的なクライアントとは最初から上手くいくハズもないのである。話がちょいと脱線してしまった。つまり、製品や農作物を作ってくれる方がいて、それを流通に乗せてくれる方がいて、それを販売してくれる方がいるからこそ、私たちは商品を手にすることができる。そのことを考えれば、自分勝手な言いがかりでクレームをつける、いわゆるクレーマーって奴もいなくなると思うんだけどね。わざわざ陳列棚の奥から賞味期限の新しい商品を取り出す、そんな不届きな者も。そんなことして小売店を困らせても、それでもしその店がなくなってしまったら、本当に困るのは自分自身だからね。けっして客は神様なんかじゃない。売る人も買う人も、どちらも心の通う人間同士。お互いの感謝の気持ちが大事なのだ。レジの方にわざわざ「ありがとう」を言う必要はない。でも、そういう気持ちは大切である…と、つくづく思う。最後まで読んでいただいて、ありがとう。

拍手[0回]

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
PROFILE
HN:
久村孝治
年齢:
61
性別:
男性
誕生日:
1956/03/02
職業:
広告制作会社 代表取締役
趣味:
ギター、ラジコンヨット、仕事
自己紹介:
30歳にて広告代理店を退社し独立。以降、四半世紀余り広告制作会社を営む。モットーは、仕事も遊びも楽しくマジメに!
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
SEARCH IN THIS BLOG
RSS LINK
HISAMURA'S SNS
QR CODE
E-A-D-G-B-E COUNTER
Copyright ©  -- えあでげべえ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS /  /