忍者ブログ

E-A-D-G-B-E

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

熱中症にはご注意を
部屋の中にいても熱中症になってしまいそうな昨日、今日。そういや昔は熱中症なんてものは誰も知らず、ずいぶん危険な思いをしたものだなぁ…と、いまさらながらに思う。たとえば部活では「練習中に水分を取ると疲れが出る」という理由で水を飲むことは禁止されていたし、それでもし具合が悪くなれば「根性が足りない」と教官や先輩から厳しいシゴキを受けたものである。私が経験した、いま思えば明らかに熱中症と思われる事例はふたつ。まず最初は高専時代。その頃の私の“足”は、家庭教師とパチンコ店の店員とゴルフ場のキャディのバイトで買った中古のYAMAHA HS-1。空冷2サイクル2気筒の90ccバイク。90ccでツインエンジンなんて、この兄弟車のHS-90を除いて後にも先にも、おそらく他にないのではなかろうか。まだ若く走り屋だった私は、友人の4サイクル単気筒のHONDA SL90とよく走り比べをしたが、立ち上がりの加速はHS-1が圧倒的に上。街乗りにはまさに最高のバイクであった。余談が長くなってしまったが、ある暑い日に、このHS-1が途中でエンコしてしまい学生寮まで押して歩くことに。どのくらい歩いた頃か、突然目に映る景色がすべて黄色に変わり、意識が遠のきそのままバイクとともに倒れ込んでしまった。炎天下の中で。あいにく場所は農道で、人通りはほとんどない。再び意識を取り戻したのは、すっかり日が西に傾いてもうじき夕闇が訪れようとしている頃だった。おそらく気温が下がったことで、体調が回復したのであろう。見るものすべてが真っ黄色の世界を、私はそのとき初めて体験した。次は15年ほど前。PTAの奉仕活動で古新聞回収をしていたとき。私はトラックの荷台に乗り、集められた古新聞を受け取って載せる作業をしていたのだが、途中でだんだんクラクラし始めた。もうじきすべて積み終える頃には半ば意識もうろう。もし熱中症というもの知っていれば、そこで作業をやめて誰かに事情を告げて休憩したのであろうが、当時はそんな知識もなく「なんて私は体力がないんだ」「根性であとひとふんばり」と最後まで。そして、ようやく作業が終わった頃にはすでにフラフラ。言葉を発する元気さえなく、トラックから降りて一目散に木陰へ行って横たわった。どれくらい横になっていたのか、気がついたときにはトラックも一緒に作業をしていたPTAの方々の姿もすでになくなっていた。その後、水道へ行き水をガブ飲み。いま思えばこれも軽度の熱中症だったのだろうが、そんな予備知識はなくとも、涼しい木陰で休んだり、水を飲んだり…と、人は自然に自衛の手段を取るものだな、あらてめて思う。ただし、これも程度問題。若かった昔と違い、回復力だっていまではきっと劣っているに違いない。無理をせず、マメな水分補給に心がけなくっちゃね。しかし、ホント暑いなぁ。マジ暑い。いったいどうなっているんだ、今年の梅雨は。

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
PROFILE
HN:
久村孝治
年齢:
62
性別:
男性
誕生日:
1956/03/02
職業:
広告制作会社 代表取締役
趣味:
ギター、ラジコンヨット、仕事
自己紹介:
30歳にて広告代理店を退社し独立。以降、四半世紀余り広告制作会社を営む。モットーは、仕事も遊びも楽しくマジメに!
CALENDAR
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
SEARCH IN THIS BLOG
RSS LINK
HISAMURA'S SNS
QR CODE
E-A-D-G-B-E COUNTER
Copyright ©  -- えあでげべえ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]